Yazdır
03 Nisan 2013 tarihinde yayınlandı. Gösterim: 849

活動

「女性の日」

地元の女性たちが生活している場所の歴史において文化的な価値を最もよい形で学ぶために、月に一度博物館において「女性の日」の名のもとに集いを開いています。

この集いの内容は以下の通りです。

女性たちが生活している場所の考古学から見た重要性と歴史を説明する

博物館に遺物が所蔵されているカマン・カレホユック遺跡、クルシェヒール・ヤッスホユック遺跡、クルッカレ・ビュクリュカレ遺跡に関する知識を与える

この博物館が、我が国の博物館学にもたらした新たな側面を解説する

博物館見学

子供たちが文化遺産を受け継ぐ上で、家族が果たす役割を説明する

文化遺産を未来へ引き継ぐ上で、女性たちが最も重要な役割を担っていることを説明する

プログラムの最後には軽食を食べながら交流を深める




ボランティア・プログラム

このプログラムを通して、我が国の博物館で行われていないボランティアシステムを初めてこの博物館へ導入する事を目的としています。

我々の目的は、一般市民が博物館へボランティアとして来て行う投資をとおして、自分たちが博物館の一員と感じてもらうことです。

博物館では、ボランティアシステムを教育活動の分野で実践し、博物館で行なわれる多くの教育はボランティア教育者によって行われます。

しかし今や、建築から植物の手入れまで必要なすべての分野においてこのボランティアシステムを導入しています。


申請方法

ボランティア希望者はインターネットを通して博物館ホームページから、又は博物館来訪時にボランティア申請書を記入する事で参加出来ます。



「地方自治体の日」

どの年齢の人々も博物館を訪れる慣習は唯一教育を通してのみ得られます。これは博物館による学校や家族や周辺の人々への教育プログラム実施の必要性を示しています。

「女性の日」において訪れた人達の話を聞くと、博物館に近い村々でさえ博物館の名前を聞いた事がない人がいます。そのため、自治体と協力して「 女性の日」と同じようなシステムで毎月ひとつの自治体や村を招待しています。