Yazdır
04 Nisan 2013 tarihinde yayınlandı. Gösterim: 909

 

クルシェヒール県観光

カッパドキアへの入り口であり、何千年もの間にさまざまな文明の舞台となったクルシェヒールは、単にさまざまな歴史遺産だけではなく興味深い地下都市や豊富な温泉源、セイフェ湖(鳥の楽園)といった自然の美しさがあります。

カララール村にあるカラクルト温泉のそばにあり、当時の病院として使用された温泉がセルジューク朝の有名な将軍であるクルチュ・アルスランにより、1135年に建造されました。アシュックパシャ廟、ジャジャベイ神学校、スレイマン・トゥルクマニ廟、ムフテレム・ハートゥン廟、ユヌス・エムレ廟、ハジュベイ邸、アーラール邸、ベキール・エフェンディレール邸、ラーレ寺院、カプジュ寺院、チャルシュ寺院などが見どころです。

これらのほかに訪問すべき場所はクルシェヒール市中心にあるクルシェヒール博物館です。

このほか最も重要な遺跡は、カマン・チャウルカン村に位置するカマン・カレホユック遺跡の他、クルシェヒールの街の中心にあるカレホユック、紀元後3〜4世紀に建造されたムジュール地下都市、紀元後4〜5世紀のものと考えられるドゥルカディルリ・インリ・ムラット地下都市があります。