Yazdır
04 Nisan 2013 tarihinde yayınlandı. Gösterim: 790

カマンの歴史

オウズラール家の分家がカマンの村々の始まりです。

カマンの村々の名前を研究するとそこがオウズラール家との強い関係が見て取れます。ブウズ・オウズラールとカルグン・オウズラールの24の分家の中に含まれる名前から構成されています。またチャウルカン村の名前もオウズラールの名前から派生したものである事が解ります。このため、カマンの名前はトルコ人の最初の宗教であるシャーマニズムからきていると述べられている資料がありますが明確ではありません。単語として考えるとカマンは「天」を意味しています。一説としては、紀元前2200〜1200年の間、クズルウルマック(赤い河)川の周辺に住んでいたヒッタイト人のあと建国されたクマンラールに由来しています。

短く言うとカマンの歴史的発展は以上のようになります。


カレホユックにおいて長年行われている発掘により、何百年にも及び様々な文化が築かれたことが理解されました。

カマンから8kmの所に位置するチャウルカン村にあるカマン・カレホユック遺跡は1986年から今日まで行われている発掘により、紀元前3000年にまで及ぶ遺物が出土しています。しかし、行われている発掘調査によればカマン・カレホユック遺跡において金石併用期と新石器に関する文化層も発掘されると期待されています。

カマンは1071年の「マラズギルトゥの戦い」の後、アナトリアのセルジューク朝の支配下に入ります。

その後の時代においてこの地域はオスマン帝国の領土となります。???達は1919年12月25日、アタチュルクとともにカマンに入り、当時の街のリーダーの一人であるベクタシュオール・アリ・チャウシュの家に宿泊します。国が陥った困難な状況をカマンの人達に説明し、独立運動への協力を要請し、カマンの人達から親身な協力を受けて次の日にカマンから出発しました。

近代史では、1913年にこの地区の中心地として自治体が設置され、1944年7月1日にはカマン郡に昇格しました。1955年にクルシェヒールが郡となったことでカマン郡はアンカラ県に組み込まれましたが、3年後にはクルシェヒールが再び県に昇格した時に再びアンカラ県からクルシェヒール県に組み込まれました。