Yazdır
04 Nisan 2013 tarihinde yayınlandı. Gösterim: 789

カマン郡は、有名なカッパドキアという歴史と観光の中心地への入り口に位置しています。カマン郡にはチャウルカン村カレホユック遺跡をはじめとして19の遺丘があります。チャウルカン村には三笠宮記念日本庭園が造られています。チャウルカン村カレホユックとともに日本庭園、サウジュル村ビュユックオバにある洞窟と墳丘、ヒルファンルダム公園は国内外の旅行者の興味を引いています。

アナトリアの中心に位置するカマンへ19kmのところにあるヒルファンルダム湖の湖畔には海水浴、水上スポーツ、釣りに適しています。最大幅15km、長さ70kmの淡水湖です。

ダムへは道路が完備されています。ダムの社交施設がある場所は松林に囲まれ風光明媚です。施設にはレストラン、カジノ、海水浴場が完備されています。

この地で発見された大きな洞窟群は洞窟観光を活性化させる上で大きな意味があると見られています。カマン群に属するイェニヤパン村にある「ギリシャ人平地集落址」とオメールハジュル村近郊のバラン山山頂部に造られた「オメールハジュル・カレシ(砦)」とカマンから3kmの所に位置する「クシュ・カレシ(鳥の砦)」、そしてデミルリ村の北に位置する「デミルリ・キリセレル(教会群)」はこの地域の最も古い歴史遺産です。

1785年にコザンで生まれ、遊牧民としてその地域で生活した後、生涯の最後をカマンで過ごし1876年にここで亡くなった吟遊詩人ダダルオールの墓はズィヤーレットテペのダダルオール文化公園にあります。

ダダルオールをはじめ、ムハーレム・エルタシュラール、ネシェット・エルタシュラール、シェムスィ・ヤストゥマンラール、ハジュ・タシャンラール、チェキチ・アリといった有名な吟遊詩人たちを生み出した地域で栽培される世界的に有名なカマン胡桃の生息地カマンの別名は「緑のカマン」です。