Yazdır
20 May 2013 tarihinde yayınlandı. Gösterim: 822

ブキゥリカレ

位置とサイズ

 

ブキゥリカレは、クルックカレ地方のカラケチり地区に応じるカラケチリ町に、アンカラからカマンに行く高速道路のクズリイルマックを通る前にすぐ左側にあります。アンカラの約100マイル南東とカマン にあるカマンカレホユック考古学博物館の 50 マイル西にあります。

 

ブキゥリカレは、クズリイルマックの最も狭い部分の 1 つであります。この地域で川のすぐ上から、13 世紀セルジュク期間のチェニギリ橋と呼ばれているある石橋があります。又は、位置に関して、中央アナトリアでの重要な移行ポイントの 1 つであり、ブキゥリカレに今、水面下にあるローマ時代の橋の遺跡は、場所の何百年もの間住宅の所として、優先 されることの針です。

 

調査や発掘調査の開始

 

日本アナトリア考古学研究所の社長、博士サチヒロ オムラの議長の下で、1991年、2006年と2008年に行われた調査の結果で、ブキゥリカレは古代アナトリア歴史による、特に、位置に関して、紀元前2千とヒッタイト帝国の期間のため、戦略的重要性を持っていることが確認されました。このため、1986年以来、発掘されたカマン・ カレホユック

の年表に明らかにする重要な問題であるヒッタイト時代のブキゥリカレ 発掘のおかげで、明確にするために意図されました。

 

この調査の結果として、日本アナトリア考古学研究所に研究者として、働いている、同時にアーヒ エヴラン大学で講師として仕事をしているヤード・准・博士・松村公義は2009年に発掘調査を開始しました。

 

 

発掘の作業

 

ブキゥリカレオレンの地は、下の市と上の市として、2 つの考古学的なエリアで構成されています。カレと呼ばれている崖の上に、掘削作業は行われて、この地域の層序を学ぶことがここでの研究の目的の一つであり、ヒッタイト帝国時代の建物の層を検出するのは最も重要な目的であります。

 

今まで行われた発掘調査に1 階目は、オットマン帝国時代、2 階目は、鉄器時代、3階目は、遅くと中間青銅器時代、4 階目は、古い青銅器時代として四つの文化層が発見されました。

特に、三階目の発見から、アナトリアの最初のガラス作品になるガラスびんとヒッタイト帝国の期間に日付を記入する楔形文字タブレットの重要な発見の中であります。遅い鉄器時代に日付を記入するヘレニズム時代の材料も発見されました。

 

継続の磁気調査とも、下の都市の境界が発見することを目指するとともに、さらに、下の都市の地磁気調査にヒッタイト時代の都市壁とゲートが発見されました。従って、ブキゥリカレは紀元前2千年の2半期に、つまり、ヒッタイト帝国時代に、重要な都市の中心であることが明らかにされました。