Yazdır
20 May 2013 tarihinde yayınlandı. Gösterim: 1270

カマン カレホユック

 

位置と大きさ

           

カマン ・ カレホユックは、クルシェヒル地方のカマン地区のチャーウルカン町に、アンカラの約100マイル南東に、カマン地区の三マイル東と、アンカラをカイセリんい応じる二百六十号の国道のすぐ南部であります。カマン ・ カレホユックは280メートル直径で、16メートル高さで、上から丸で、側から台形に見える中規模のマウンドであります。

 

古墳のすぐ南から、'移民の道'又は、'シルクロード'と呼ばれている古い道は通過します。の東端と西端と言えば、南から北へ流れる二つの小さな小川が制限しています。水資源はマウンドの近くにあるのは、人々が住宅ためにこのところを選んだ最も重要な要因の 1 つでなければなりません。

 

発掘調査及び研究の開始

           

日本中東文化センターにおける、1985年の7 ~ 9 月にカマン ・ カレホユックと周りに、実施した調査中に、収集された陶磁器やその他の成果物が評価することにより、古墳の地形図が完了されました。行われた研究で、この地域に、中世から早い青銅器時代まで遡る文化的な層の存在が出会った。これらの研究の結果として、1986 年に発掘調査を開始が決定されました。

 

日本中東文化センター名誉会長、アルテスプリンス孝仁三笠、考古学的発掘の始まりをマーキングする式典で初めてピックをカレホユックで1986年5月31日に土に掘りました。

カマン ・ カレホユックで発掘調査にそのひから今まで連続的に継続しています。

発掘調査と同様に、中央アナトリアで調査も日本アナトリア考古学研究所によって行われています。

 

発掘調査

古墳は、下の通り掘る時、過去の人々の生活に属する構造と他のさまざまな破片は上に階層化されることが見られます。発掘調査はこれらが定期的に順番すると、数千年時間的発展が明らかにします。

 

現在まで行われた発掘調査に古墳には4つの文化層が発見されました。

 

それらを一言で指定する場合:

一階目は、(一A-一Bの段階として)15〜17世紀、オスマン帝国、ビザンチンとセルジュクエミレーツ時代、一階目と二階目の間にある又は、紀元後15番世紀と紀元前4番世紀間にある非定住期間、

二階目は、(二a b c dの段階として)紀元前12番世紀から紀元後4番世紀の二番目の判分まで続いた、期間を含んでいる鉄器時代、

三階目は、(三a b c の段階として)紀元前20番世紀から13番世紀までにある期間を含んでいる古墳に全く決定することができないのに、ヒッタイト帝国時代、古いヒッタイト王国の時代、あるいはアッシリア貿易の植民地時代として見られています。

最後には、四番目の固体階(四a b の段階として)紀元前二千二百年から二千年まで、つまり、早い青銅器時代へ変遷の段階に日付を記入されています。

 

また、古いアナトリアの年表には、ヒッタイト帝国の崩壊後、移行部族はエーゲ海でエオリアとイオニア都市を設立するまで行く時間単位を含んでいると住宅や文化の道を含んでいないで、それとともに、重要な問題として合っている期間は暗黒時代と呼ばれています。

 

行われた研究に次のように見るようで、

カレホユックでは暗黒時代の生活痕跡に二番d層 で発見されました。だからそれは、考古学や歴史的な研究の基礎を形成する年表を明らかにすることがカマン ・ カレホユック発掘作業にも、最初の目標を構成しています。発掘作業のもう一つの目標は、各期間の住宅の形、生活の方法や社会情勢を学ぶことにより、明らかにします。

 

豊かな文化地層を持っているカレホユックでは非常にカラフルな発見も気を引きます。それらから紀元後十七世紀に日付している中国から輸入された磁器とポーランドのコインは東西の貿易を表すめ重要であります。

 

同時に紀元前一番の千と二番の千に日付している輸入されたシールもこの貿易のルーツは非常に古い時間に基づいていることを表すため重要であります。古墳に多くある陶器と金属の発見に以外、アッシリア貿易植民地時代に日付していると経済的機能を持っている

粘土板は重要な発見の中であります。又は、発見された作品は金石併用と新石器時代の地層も明らかにすることを表しています。