Yazdır
20 May 2013 tarihinde yayınlandı. Gösterim: 942

クルシェヒル ヤッスホユキュ

位置とサイズ 

アンカラ とクルシェヒル 二百六十 番号国道のすぐ北端にあるヤッスホユキュは、クルシェヒル市中心に約二十キロメートルにある。チャイアーズ町に通リ、東西方向六百二十五メートル広さで、十三メートル高さで、オーバル眺めで平らな古墳であります。ヤッスホユックは  カマン地区の中心と言えば、約三十キロメートルの東にあります。

調査や発掘調査の開始

千九百八十六年から、日本アナトリア考古学研究所における、カマンと周りに始まった地調査の結果で発見されたヤッスホユックで、地から収集した資料は地磁気データの結果として、ヘレニズム時代、鉄器時代、中東青銅器時代、そして古代の青銅器時代の文化が同定されている。

特に、地磁気の結果として、古墳の中央部に大きな建物の遺跡を発掘されました。

二千九年に、日本アナトリア考古学研究所の博士マサコ オムラによって開始された、発掘調査で古代アナトリアの歴史に光を当てるために地磁気調査結果で、出て来た構造を明らかにして検査するのは、発掘の重要な目標であります。

発掘作業

三年間行われた発掘調査の結果で、上から下の通り古墳に、一階目は、(1.-3は構造階):

鉄器時代、二階目は、中東と初期青銅器時代として二つの文化階の中に四つの建物階が発見されました。

発掘調査の結果として得た発見は評価された場合、一階目は三建物階内から発見された建築遺構の以外、特に、金属の発見は注意されます。小さな金のイヤリングとスパイラルの以外、アンカラのアナトリア文明博物館に類似した象形文字の鉛シートや腓骨や矢尻と針は一階目から得た発見の中であります。

古墳に二階目は特に、建築遺構注目を集まったいます。メソポタミアの建築に似ている中庭の周り建設である大きな宮殿の遺跡が出現とともに多くの壁に厚い粘土石膏が使用されたことが見られました。

又は、この階に大火災の痕跡出くわし、それのおかげで、よく保存された炭化した木の梁が発見されました。

手に入った印鑑のような小さな発見はヤッスホユキュはアッシリア貿易植民地時代の初期間に日付を記入することを表しています。